WordPressテーマ「STILE」の特徴、おすすめポイント

WordPressテーマ「STILE」の特徴、おすすめポイントのアイキャッチ画像

今回は、私が開発した有料WordPressテーマ「STILE」について書いていきます。

「STILE」とは、まさにこのサイトで使っているテーマです。

この記事では、WordPressテーマ「STILE」の特徴やおすすめポイントを紹介していきます。

テーマの購入を検討している方は、この記事をぜひ参考にしてください。

WordPressテーマ「STILE」の特徴、おすすめポイント

STILEには以下のような特徴があります。

STILEの特徴

  • 豊富なデザイン設定
  • 便利な機能を多数搭載
  • ブロックエディターに対応
  • 豊富な記事装飾機能、ショートコード
  • アドセンスの挿入が楽
  • 高速化の設定を使えばPage Speed Insightsで高得点

これらについて、以下で詳しく説明していきます。

豊富なデザイン設定

STILEには豊富なデザイン設定があります。

STILE DEMO

トップページはヘッダー画像かスライドを上部に表示することができ、メニューや検索ボタンのあるヘッダーも複数のデザインが用意されています。

色も細かく設定できるので、自分の好みの雰囲気にすることが可能です。

フォントは6種類から選べ、GoogleのWebフォントも利用可能です。

PCでのカラム数も設定可能で、記事ごとに変更することもできます。

便利な機能を多数搭載

STILEには便利な機能が豊富にあります。

以下のように記事下にCTAを表示させることや、

カテゴリーごとにランキングを表示させることも可能です。

ブロックエディターに対応

いまだにクラシックエディターを使っている人も多いと思いますが、このテーマならブロックエディターでもサクサク記事を作成することが可能です。

2020年6月19日現在、10種類のオリジナルブロックが利用できます。

  • タイトル付きボックス
  • シンプルボックス
  • ボタンリンク
  • アフィ用ボタンリンク
  • 吹き出し
  • タイムライン
  • 開閉できるボックス
  • 期間限定表示
  • Q&A
  • マイクロコピー

オリジナルのブロックは今後も増やしていく予定です。

この記事ももちろん、STILEのオリジナルブロックを使って執筆しています。

豊富な記事装飾機能、ショートコード

STILEが便利なのはブロックエディターだけではありません。

クラシックエディターを使いたいという人向けに、装飾機能を多数搭載しています。

文字サイズを変えたり、マーカーで色をつけたり、リンクをボタンにしたりと、様々な装飾が可能です。

また、以下のようなタイトル付きのボックスも多数用意されています。

さらに、ショートコードも多数用意されているのも便利です。

これらのショートコードはクラシックエディター、ブロックエディター両方で使うことが可能です。

アドセンスの設置が楽

STILEにはアドセンスを設置する機能を多数搭載しています。

アドセンス設定機能

  • 自動広告
  • 記事中アドセンス自動挿入
  • ショートコードでアドセンスを表示
  • 記事一覧にインフィード広告を表示
  • サイドバーや記事上、記事下などに表示できる専用ウィジェット

これらを使えば楽にアドセンスを設置することが可能です。

また、記事ごとにアドセンスの表示・非表示を切り替えることも可能です。

高速化の設定

STILEには、サイトを高速化する機能がいくつか組み込まれています。

高速化の設定

  • 画像の遅延読み込み
  • CSSのインライン化
  • jQueryを読み込まない
  • アドセンスの遅延読み込み

これらを駆使すれば、サイトの表示がかなり速くなります。

注意

jQueryの読み込みをキャンセルすると、プラグインが動かなくなる可能性があります。

JavaScriptやプラグインに詳しい方のみキャンセル機能を使ってください。

WordPressテーマ「STILE」はこんな人におすすめ

WordPressテーマ「STILE」は、以下のような人におすすめです。

こんな人におすすめ

  • オシャレなデザインのブログを運営したい
  • カラーを細かく設定したい
  • アドセンスで収益化したい
  • 表示が速いテーマが欲しい
  • ブロックエディターを使いたい

まとめ

最近ではWordPressテーマが色々あって迷っている人も多いでしょう。

このテーマなら、オリジナルブロックや豊富な装飾機能、ショートコードが使えるので、ストレスなく記事を書くことができます。

また、デザイン設定が豊富なので、同じテーマを使っていても被りにくいのも特徴です。