【WordPress】ホームページ設定の「最新の投稿」と「固定ページ」の違い、仕組み

【WordPress】ホームページ設定の「最新の投稿」と「固定ページ」の違い、仕組みのアイキャッチ画像

WordPressは、トップページを「最新の投稿」か「固定ページ」にすることができます。

では、この「最新の投稿」と「固定ページ」では何が違うのか、そしてその仕組みを説明しようと思います。

「ホームページ設定」の場所

「ホームページ設定」は2つの場所で設定することができます。

1つは、「設定」→「表示設定」にあります。

もう1つは、「外観」→「カスタマイズ」→「ホームページ設定」です。

どちらで設定してもかまいません。

「最新の投稿」は文字通り最新の投稿を表示する

WordPressのホームページ設定は、デフォルトでは「最新の投稿」が表示されるようになっています。

http://example.com/このようなURLのサイトであれば、http://example.com/にアクセスすると、最新の投稿が一覧で表示されるということです。

ワンポイント

テーマフォルダの中に、home.phpというファイルがあり、「最新の投稿」にするとこのファイルが読み込まれるようになっています。

一般的なテーマでは、home.phpで最新の投稿が表示されるように作られているのです。

「固定ページ」は指定された固定ページを表示する

ホームページ設定を「固定ページ」にすると、「ホームページ」に指定した固定ページがトップページに表示されます。

http://example.com/にアクセスすると、固定ページが表示されます。

トップページで記事一覧ではなく、特定のページを表示させて読んで欲しい時に使います。

また、トップページを各ページに飛べる目次のように使いたい時にも固定ページにすると良いでしょう。

「投稿ページ」とは

「固定ページ」を選択すると、「投稿ページ」という選択項目が出てきます。

http://example.com/を固定ページに設定したけど、最新の投稿もどこかで表示させたい場合もあります。

そういう時には、例えば、http://example.com/blogといったURLの固定ページを作成して、これを「最新の投稿」に割り当てれば良いのです。

「最新の投稿」に設定した固定ページの中身は空っぽで良いのです。とりあえず、http://example.com/blogというURLを「最新の投稿」を表示するために確保するイメージですね。

「投稿ページ」へのリンクはどうすれば良いの?

「投稿ページ」を設定したら、そのページへのリンクがないといけません。

ほとんどのテーマにはヘッダーやサイドバーにメニューを表示させる機能があるはずです。

http://example.com/blogを「投稿ページ」に設定しているのであれば、そのリンクをヘッダーやサイドバーのメニューに表示させれば良いのです。

トップページを固定ページにするメリット

トップページというのは全てのページからリンクが貼られますので、SEOが強くなります。

内部リンクの数はSEOに影響を与えるからです。

収益性が高いページをトップページにすることで、収益向上につなげることができます。

トップページを固定ページにするデメリット

一般的なブログはトップページが記事一覧になっています。記事一覧があるということは、どの記事にも一覧からアクセスすることができるということです。

トップページを固定ページにすると、過去記事にアクセスしづらくなるので、しっかりトップページを設計しないと使いづらいサイトになってしまいます。

トップページの設計が面倒だと感じるなら、最新の投稿を表示させるのが無難です。


他にもこんな記事があります。